Read Article

【ビジネスに使える機能】Apple Watchで何が出来るのか調べてみた

【ビジネスに使える機能】Apple Watchで何が出来るのか調べてみた
話題のApple Watchで何が出来るのか気になっていないだろうか。

ウェアラブルデバイス(身体に装着する端末)としてiPhoneと連携する事で能力を発揮する腕時計です。ネット上では様々な機能を説明していますが、実際ビジネス上ではどのように発揮できる時計なのでしょうか。

今回はビジネスの視点から使える機能をお伝えします。

スポンサーリンク


電話・メール通知


最近、一部の企業では社員に会社携帯を渡すところも少なくはありません。サスケが所属している会社はiPhone6/16Gを支給されています。会社のメールがiPhoneにも同期され外出中でもメールチェックできます。会社から電話があった場合は、いつでも着信やメールが確認できるようにポケットに入れていました。しかしApple Watchを装着していたら通知をしてくれるのでiPhoneを胸ポケットに入れなくても大丈夫です。

地図機能


サスケの職種は営業職です。新規メインですが外出する事が多いです。商談先の住所をiPhoneマップで検索しiPhone片手にお客さんのところに向かっています。ここでApple Watchが登場します。GPS機能は一緒ですが徒歩や車での時間が表示されます。

さらに凄いのは曲がる地点では手首を軽く叩くような振動で知らせてくれるとか。画面はiPhoneに比べると小さいですが腕時計でマップ検索やナビは便利だと思います。寒い時期に用を足したい時に音声案内で「コンビニ!」と叫び、ナビに従って歩くのも便利。

外出する事が多い社会人には便利な機能です。

スポンサーリンク


交通案内(乗り換え)


都心部では公共交通機関を使う事が多いです。iPhoneではYahoo!乗換案内アプリがあります。Apple Watchだと次の出発時間を通知してくれます。時計と乗換アプリが連動しているのでとても便利ですね。急な行き先変更の場合でも到着時間などナビゲートしてくれるのでとても嬉しいです。

Apple Watchは買うべきか?事前に知りたい長所と短所まとめ

健康管理(ランニング)


社会人になると遅くまで仕事をする機会が多くなると思います。なかなか運動不足になりがち。できるだけエスカレーターを使わずに階段など気をつけていると思いますが、気持ちで負けてしまう事があります。ここでApple Watchが登場!ちょっとした軽いウォーキングでも消費カロリーや距離が表示されます。

直接ビジネスには関係ありませんが、健康管理。

以上です。


主に4つ挙げました。Apple Watchはまだ登場したばかりで機能的にまだ乏しい部分はあると思います。ウェアラブルデバイス(身体に装着する端末)として少しでもビジネススタイルの役に立てるモノ。新社会人にApple Watchは高くてもまだ手が出せないと思いますが、今後に期待したいですね。

ビジネス機能の費用対効果を考えると・・Apple Watchの価格は高い?


サスケの一言


ビジネス視点では少し便利機能だが正直高い。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top