Read Article

フレッツ光とドコモ光を比較!メリットデメリットのまとめ7選

フレッツ光とドコモ光を比較!メリットデメリットのまとめ7選
NTTドコモが提供するドコモ光をご存じだろうか。

2015年2月にNTT東西がインターネット光を卸する「光コラボ」を開始。条件としてはドコモ光の単独契約は無く、NTT東西の光回線とモバイル回線をセット契約する事で割引を受けられます。ドコモショップの店員さんが「ドコモ光」をお勧めします。正直、割引はメリットとして嬉しいのですが何か裏がありそうです。

今回、フレッツ光と比較してみました。ドコモ光のメリット・デメリットもお伝えします。

スポンサーリンク


フレッツ光の料金は?


現在、NTT東日本が提供するインターネット回線「フレッツ光」の料金を調べてみます。住まいが戸建、集合住宅(戸数)、契約するプロバイダにより料金が異なるのでご了承下さい。この料金はISP(インターネットサービス・プロバイダ)も含んでいます。※2015年9月28日時点


<戸建の場合>
月額利用料5,400円(税込)
3ヵ月目~2年目の月額料金モデル

※にねん割(2年契約プラン)月額-756円割引
※フレッツ光メンバーズクラブ加入 月額-108円割引 
※プロパイダはぷらら光メイト 月額1,080円



<集合住宅の場合>
月額利用料3,726円(税込)
3ヵ月目~2年目の月額料金モデル

※にねん割(2年契約プラン)月額-108円割引
※フレッツ光メンバーズクラブ加入 月額-108円割引 
※プロパイダはぷらら光メイト 月額864円
※16契約以上見込まれるマンションの場合


<注意点>
2年以内に解約すると「にねん割」の解約金(1,620円)が発生
初期費用の工事費は2年間で分割払い

ドコモ光の料金は?


NTTドコモが提供する「ドコモ光」は当然2年契約です。定期契約しないプランもありますがプラス1,000円が加算されます。ここでは2年契約する場合で考えます。契約するISPによりプランAかプランBになります。先程、述べたISPを「ぷらら」はプランAです。すると料金は下記になります。


<戸建の場合>
戸建の場合

月額利用料5,200円(税込)



<集合住宅の場合>
集合住宅の場合

月額利用料4,000円(税込)


プロバイダのタイプはこちら


光回線単体で考えるとフレッツ光より料金は数百円高いのが分かります。メリットないと思いですが、しかしドコモ光回線単体でのサービス提供はないので、重要なのはドコモ回線(スマホ契約)と光回線のセット割がポイントになります。

ドコモ光パック割は?


これから説明するのは、「ドコモ光」で光回線を引いた「ドコモ光パック」(セット割)が適用された時の金額を見てみる事にします。セットにする事でどれだけ割安になるのでしょうか。


<戸建の場合>
戸建


<集合住宅の場合>
マンション


一人暮らしでの割引率は戸建と集合住宅では同一です。しかし戸建で家族でデータ通信量をシェアしている場合は割引率が高いと言えます。つまり家族4人で2,500円も割引される。一人暮らしの場合は、スマホのデータ通信量(5G)で月額800円割引されます。

ドコモ光のメリット

ドコモ割が適用


管理人サスケはドコモ歴15年以上なので800円のドコモ割が適用されます。セット割とドコモ割で毎月1,600円割引。ご利用年数に応じて割引率が提供されるのはドコモユーザーにはとても嬉しいですね。ただしデータ通信量(5G)でも利用年数が11年以上でないと適用されないのが欠点。長い道のりである事には間違いない。



































ドコモ光パックデータ量6~8年目9~10年目11~15年目16年目以降
光らくらくパック200MB-600円
光データSパック2GB-600円
光データMパック5GB-600円-800円
光データLパック8GB-600円-800円
光シェアパック1010GB-300円-600円-800円-1000円
光シェアパック1515B-300円-600円-800円-1000円
光シェアパック2020GB-600円-800円-1000円1500円
光シェアパック3030GB-800円-1000円-1500円-2000円



<ポイント>
ドコモ割は長期的なドコモユーザー(11年以上)にはお得
乗り換え・新規ユーザーは割引が500円のみ(※5Gの場合)

スポンサーリンク


ポイント還元


光回線が「ドコモ光」になるという事はNTTドコモに一元化されるという事です。他社の2キャリアに比べてポイント還元率は高いのは有名な話。(※ただし利用年数が長いほうがお得)。例えば、ゴールドステージの場合、1,000円のご利用料金に対して100ポイントも還元されます。スマホ代+ドコモ光代を合わせると合計10,400円になる。※ドコモ歴15年以上、5Gの場合


1,000ポイントが貯まる


<ポイント>
契約期間15年超のグランプレミアクラス
DCMX GOLDの保持(※年間維持費10,000円)

サポートがドコモ


今まではフレッツ光がNTT東日本・西日本がNTTドコモに一元化される。基本は電話によるサポートがあるので問題ないがドコモショップになるのだろうか。定員さんはドコモの携帯電話を販売代理店。ネット回線については窓口に過ぎない。すると電話サポートになると思います。


<ポイント>
ドコモなので手厚いサポートが期待される

家族シェアの方はお得


一人暮らし向けの方には割引が500円は正直もの寂しい気がします。しかし家族シェアしている方は最大3,000円割引がある(シェアパック30の場合)。どちらかと言えば、家族向けに厚い待遇と言えるのではないでしょうか。


<ポイント>
家族シェアしている方にはお得

ドコモ光のデメリット

NTTフレッツ光への再転用はできない


NTTフレッツ光から一旦ドコモ光へ転用(乗り換え)した後、再びNTTフレッツ光への再転用はできません。普通、携帯電話のキャリアは転用しても問題ないんですが光回線は別らしい。なので解約にあたるので新しい電話番号を伴う新規契約。基本、余程の理由がなければ再転用する事はないと思います。


フレッツ光で使用していた固定電話の電話番号が問題。新規契約の扱いになるのでフレッツ光へ戻る場合は固定電話の番号は捨てる形になる。

新料金プランが前提


NTTドコモはカケ放題の新プランしかありません。通話メインでする方はドコモでも構いませんが、あまり通話をしない方はお勧めできないと思います。今では無料通話アプリ「LINE」により無料で通話できる時代です。


違約金


NTTフレッツ光からドコモ光へ転用(乗り換え)するのに違約金が発生します。当たり前の話ですが、特に今では携帯電話を2年毎にMNPしたほうがお得なのでキャリアを他社へ変更する人にはお勧めできません。ドコモ光からフレッツ光に戻るのも新規契約で初期費用が発生します。


以上です。


インターネット光を卸する「光コラボ」を開始した背景としては、キャリアが2年毎にMNP防止対策として割引キャンペーンを打ち出している。NTT東西日本はWiMAXやWifi機器、auひかりなど競合が多く契約件数が伸び悩んでいると聞いております。その囲い込みといて光回線をキャリアに卸しています。


ドコモ光は家族向け、一人暮らしは長期ドコモユーザー向けかなと思います。


サスケの一言


長期ドコモユーザーはお得かも

スポンサーリンク


当サイトIT人気記事
フレッツ光からソフトバンク光乗り換えはお得?メリットデメリット

iPhone6sは買うべきか?メリット・デメリットのまとめ9選

ワイモバイルの料金はお得?メリットとデメリットのまとめ

【悩み】スマホのバッテリーが短い!電池寿命を伸ばした7つの方法

【重要】あなたの個人情報は大丈夫?LINEアプリ危険性と対応策
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top