Read Article

Galaxy s6はどうなの?メリット・デメリットまとめ8選

Galaxy s6はどうなの?メリット・デメリットまとめ8選
高級感があると言われるGalaxy s6をご存知だろうか。

日本市場のAndroid端末の中でXperiaと台頭を並べる端末機器です。管理人サスケの知人もiPhoneから乗り換えしようか迷っています。本当に購入していいのか調べてみました。Galaxy S6はドコモのみ発売されてます。

併せてメリット・デメリット8個お伝えします。

スポンサーリンク


Galaxy s6のメリット

抜群のデザイン性








新社会人



サスケさん、Galaxy s6ってデザインがカッコイイですね。










サスケ



そうだね。サイドにメタル、フロントパネルに強化ガラスを採用した高級感あるデザインが特徴。しかもガラスには防指紋コーティングが施されているんだ。










新社会人



すると指紋の汚れも気にならない?普通スマホって画面をタッチするから指紋が気になるんですよ。










サスケ



勿論。持ちやすく手に馴染むように額縁がないかのようなデザインになっている。










新社会人



今までスマホにはないデザインですよね。なだらかなカーブだから普通のスマホより持ちやすいかも。しかも重さは138gだからiPhone6s(約143g)やXperia Z5(約154g)に比べても軽い!






高級感あるデザインで薄くて手に馴染みやすい。薄さが約7.0mmです。

スマホが発熱しない








サスケ



プロセッサーが64bit Snapdragon 810を搭載している。高性能のスマホ端末機器だよ。










新社会人



プロセッサーって何ですか?










サスケ



PCで言うとCPUだよ。人間で言うと頭脳。しかもXperiaZ4と同じプロセッサーだから優秀な端末なんだ。










新社会人



え!?ちょっと待って下さい。ならXperiaZ4と同様に発熱したりしないですか?(ちと心配)










サスケ



それが全くしないんだよ。XperiaZ4とハイスペック端末機器なのに、本来ならば高速処理で発熱するのは付き物がそういった報告はない。おそらく防水機能が付いていないからじゅないかな。多分。サクサク快適な操作感を体験できるよ。










新社会人



すると安全に快適にスマホ生活を送れるのは嬉しいです!(*´ω`*)






64bit Snapdragon 810にも関わらずXperiaZ4と違って発熱した報告はない!

カメラが起動が早い








サスケ



スマホと言えばカメラ機能。画像1,600万画素数。勿論、光学手ブレ補正にも対応しているよ。逆光でも暗い場所でも綺麗に撮れる!さらに凄いのが1個ある。










新社会人



それはどんな機能ですか?










サスケ



街を歩いていたら思わず撮影しようと思ってホーム画面のカメラを押しても起動しない経験ないかな?










新社会人



勿論。ありますよ。思わずシャッターチャンスを逃した事があります。で肝心の機能は?










サスケ



それはホーム画面から約0.7秒で高速起動で素早く撮影ができるんだ。撮りたいシーンを逃さない。ホームボタンを2度押すだけ!










新社会人



それは凄い!






約0.7秒で高速起動するのはGalaxy s6だけ!

画質が綺麗








サスケ



一番のウリは解像度2560x1440というQuad HD高解像度。Super AMOLEDディスプレイで1インチ四方に577ピクセルがつまって、驚くくらいシャープな画面。言葉で説明してもなかなか難しい。知人がGalaxy s6でYouTubeや動画試聴している。一回見せてもらったけど物凄く画質が綺麗だった。










新社会人



動画の試聴やカメラ撮影するユーザーにはいいですね。一回店頭のデモ機で体感してきます。





スポンサーリンク


Galaxy s6のデメリット

バッテリー容量








サスケ



プロセッサーが64bit Snapdragon 810を搭載しているので高性能なスマホなのにバッテリー容量が少ないのが残念だね。Xperia Z5でも2900mAhもあるのにGalaxy S6は2550mAhしかない。










新社会人



実際の駆動時間はどのくらいなんでしょうか?










サスケ



無線LAN通信で12時間、LTE通信で11時間と発表されている。個人的にはもっとバッテリー容量を積んで欲しかったなー。










新社会人



やはり高性能のCPUを搭載していると薄型だと駆動時間が短くなるのかな。





<バッテリー>












 Galaxy S6iPhone6sXperia Z5
バッテリー容量2550mAh1715mAh2900mAh



<対応策>
ワイヤレス充電にも対応。10分で約4時間分の充電も可能とか!?急速充電という事は通常の充電に比べて負荷はかかっていると思う。

防水機能なし








サスケ



Android端末のウリである防水機能がGalaxy s6には付いていない。やはり高性能のCPUを搭載したから薄さを考慮して防水機能を外したんじゃないかな。










新社会人



なるほど。個人的にスマホで防水機能は特に必要ないと思います。わざわざお風呂場や濡れた環境でスマホをいじる機会ないと。






お風呂場や濡れた場所で使用するのに注意が必要

SDカードが使えない








サスケ



Android端末はiPhone端末と違ってSDカードを使えるのは大きな特徴。しかしGalaxy S6はストレージが決まっている。32GB/64GB/128GBの3種類のみ










新社会人



もしデータを移したい時はどうしたらいいんですか?










サスケ



いい質問だね。Galaxy S6はUSB機器接続に対応。アダプターを介してUSBマスストレージ規格準拠のストレージデバイスを接続する方法がある。






端末機器を購入する時に使用するデータ量を考えておこう

端末代金が高い








新社会人



やっぱ高性能のGalaxy S6は端末代金高いですよね?お金が気になります。










サスケ



そうだね。問題は3キャリアで端末代金を24ヶ月使用。携帯各社の割引サービスを受けた場合の端末代金を見てみよう。※2015年10月29日時点





<端末代金>












 機種交換乗り換え新規
端末代金2,457円/*2,025円0円2,457円



※ドコモは月々サポート適用


ドコモは乗り換えのユーザーには実質0円で提供しています。機種交換ですがドコモ歴10年以上の場合、*2025円です。端末代金は約6万円なので高いのがネックですね。


こんな方にはおすすめ
●高級感あるデザインのスマホを手に入れたい

●高画質のスマホでYouTubeや動画試聴したい

●素早く撮影したい方


以上です。


Galaxy S6もそれぞれメリット・デメリットがあります。プロセッサーが64bit Snapdragon 810にも関わらず発熱しないのは大きなメリットです。しかし薄さを考慮した為、バッテリー駆動時間が気になりますね。使用時間によっては駆動時間はやや長くできますが高性能端末である代償として駆動時間の短さを取らなければなりません。


総合的にみて始めてのAndroid端末するならGalaxy S6は悪くないと感じます。


他のブログ記事では防水機能がない事を指摘しますがそれほど重要ではないと思います。


サスケの一言


高性能のAndroid端末にするならGalaxy S6

スポンサーリンク


当サイトIT人気記事
機種変更はどちらがお得?iPhone6sとxperia z5を比較してみた

XperiaZ5は見送り?発熱対策はヒートパイプだけが全てではない事実

日本のiPhoneシェアがアンドロイド端末より高い理由10選

アンドロイドとiPhone6sの違いは?メリットデメリットのまとめ

【3社比較】iPhone6sの乗り換えはどのキャリアがおすすめ?

iPhone6sは買うべきか?メリット・デメリットのまとめ9選

【iPhone6s】キャリアとSIMフリーのメリットデメリット
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top