Read Article

【3社徹底比較】ガラケーのカケホーダイはどのキャリアがお得?

【3社徹底比較】ガラケーのカケホーダイはどのキャリアがお得?
カケホーダイはどのキャリアがお得なのだろうか。

2014年4月にドコモがカケホーダイという24時間無料通話プランを発表したのは衝撃的でした。それに伴い他2社も対抗して同様のプランを発表。様々なプランを打ち出して正直差が分かりにくいと思います。

今回、3社徹底比較してどちらがお得なのか検証します。※2015年8月1日時点

スポンサーリンク


ガラケーカケ放題の各社プランは?


では早速、周りには少ないガラケープランを見てみます。スマホに比べて料金プランが安く気軽に通信機器を手に入る事ができます。年配者のユーザー層から支持も強くシェアの30%を占めています。


DoCoMoの場合


ドコモは2015年夏に新機種2個を発表しました。一括0円はなく24ヶ月間の分割払いか一括払いになる。月々サポートもあるがパケット使い放題のプランに加入しなければ適用外になってしまいます。新機種(ARROWS ケータイ F-05G)で契約した場合で考えてみる。


●パケット定額加入
<24回払いの場合>


























 機種交換新規契約乗り換え
合計金額7290円6912円6912円
カケホーダイ2376円2376円2376円
SPモード324円324円324円
データSパック(2G)3780円3780円3780円
月額負担額810円432円0円



相変わらず既存顧客より乗り換えに対して待遇がよく機種代金は実質0円です。ただしデータSパックの加入必須。その為、乗り換えが一番安のだが月額6,480円も支払うのは大きい金額。次にネットは未契約でガラケーのカケホーダイで見てみます。すると中古ガラケーの白ロムを購入すれば一番最安値の2,700円で運用できる事が分かります。ただし定額パケットに加入していないので別途パケット通信代金はかかります。


●パケット定額未加入
<24回払いの場合>























 新機種※中古のガラケー
合計金額4212円2700円
カケホーダイ2376円2376円
SPモード324円324円
月額負担額1512円0円



通話する事だけを考えたら中古のガラケーで十分である。

auの場合


ドコモと同様に一括0円は無し。分割払いか一括払いの2択になります。大きな違いはau携帯端末持ち込みによるカケホーダイプランは契約できないとの事。すると機種交換(スマホ→ガラケー)するか新規契約(新機種のガラケー契約)するしかありません。新機種(AQUOS K SHF31)として考えてみる。


●パケット定額加入
<36回払いの場合>


























 機種交換新規契約乗り換え
合計金額6480円7080円6480円
カケホーダイ2376円2376円2376円
EZ WINコース324円324円324円
データ定額(2G)3780円3780円3780円
月額負担額0円600円0円



乗り換えは実質0円です。しかし機種分割払いは36回分で算出しています。3年間で支払い完了。auのサポート情報(重要事項説明)には12回払い・24回払い・36回払いのどれか選べます。先程、ドコモと同じ24回払いにすると毎月の機種代金は増えます。機種交換で月額負担額が0円の理由は前回購入機種が16ヶ月以上ご利用の場合。


おそらく客単価の低いガラケー機種代金を36回払い(実質0円)にすると乗り換え防止。さらに36回払い終了(3年間)で乗り換えさせると違約金。


●パケット定額未加入
<24回払いの場合>























 新機種
合計金額4770円
カケホーダイ2376円
EZ WINコース324円
月額負担額2070円



パケット定額未加入で算出すると月額4,770円となります。さらに別途パケット通信代金はかかります。ドコモと違ってauはガラケー端末代金が高いという事。実質0円適用は3年縛り(36回払い・機種交換)になっています。

スポンサーリンク


SoftBankの場合


現在、SoftBankではガラケーのカケ放題料金が2社に比べて安く提供しています。乗り換えが対象ですが月額1,480円です。今回、新機種(COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P)で考えます。


●パケット定額加入
<36回払いの場合>


























 機種交換新規契約乗り換え
合計金額7310円6480円5584円
通話し放題プラン2376円2376円2376円
S!ベーシックパック324円324円324円
データ定額パック(2G)3780円3780円3780円
月額負担額830円0円0円




●パケット定額未加入
<36回払いの場合>


























 新機種
合計金額3101円
通話し放題プラン2376円
S!ベーシックパック324円
データ定額パック401円
月額負担額0円




●パケット定額未加入(乗り換え)
<36回払いの場合>


























 新機種
合計金額2205円
通話し放題プラン1480円
S!ベーシックパック324円
データ定額パック401円
月額負担額0円



3年縛りですが乗り換えが一番最安値です。通話とメールだけを考えたらSoftBankに乗り換えがおすすめです。


以上です。


3キャリアを比べましたら通話のみなら中古ガラケーを持ち込んでドコモのカケホーダイで契約する。auは意外と高い印象です。唯一ネックなのがauとSoftBankが契約すると3年間縛り。結論的に言えば通話メインで電池の持ちを求めるならSoftBankですね。


サスケの一言


ガラケーでは総合的にSoftBankがお得。

スポンサーリンク


当サイトガラケー人気記事
【キャリア別】中古ガラケーを持ち込んで簡単に契約する方法

スマホからガラケーに戻す人が急増?メリットデメリットのまとめ

【悲報】ガラケーが生産終了して消えた5つの理由

【スマホは味わえない】ガラケーの懐かしい思い出まとめ10選
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top