Read Article

iPhone6sは買うべきか?メリット・デメリットのまとめ9選

iPhone6sは買うべきか?メリット・デメリットのまとめ9選
iPhone6sを買うべきかどうか悩んでいないだろうか。

ご存知の通り9月25日に発売され大きな話題になっています。iPhone6の登場から約1年後ですが乗り換え、機種変更してまで買うべきなのかメリットがあるのか調べてみました。iPhone6とどう違うのか。

今回、iPhone6sのメリット・デメリットもお伝えします。

スポンサーリンク


iPhone6sのメリット

新色カラー「ローズゴールド」の登場


発表前にネット上で噂された新色カラー「ローズゴールド」が登場しました。今まではスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色でしたがさらに1色増える事で購入したい方が増えるのではないでしょうか。まだ実物を見ていないので分かりませんが、上品なピンク色。女性に好まれそうな色合いだと思います。


「ローズゴールド」の登場で女性ユーザーのさらなる囲い込み?

ローズゴールド

処理速度が高速化


A9プロセッサが搭載された事により動作速度が大幅に進化しました。iPhone 6より処理速度が70%速く、グラフィックは90%も処理速度が向上したとアップルが発表しました。普段ネット検索程度ならiPhone6と違いは分かりませんが、ゲームアプリをする時には大きな違いを感じる事が出来るのはないでしょうか。


ゲームアプリをする方には実感できる

処理速度が高速化

3D Touch


3D Touchは画面を長押しすることで、コンテンツを実際に開くことなくプレビューしたり、さらにそこから操作をしたりできる機能です。従来のiPhoneはタップ(軽く触れる)、プレス(深く触れる)でしたが、今回は深いタッチ(深く押し込み)の機能が付きました。


この機能でどんな時に利用できるのか?


<指紋認証>
iPhone6以降に搭載された指紋認証。今回iPhone6sは第二世代Touch IDが搭載されて反応も200%高速化。つまり指紋認証していたロック解除も数段に早くなった事でしょう。管理人サスケは指紋認証を使わずパスコード入力なのであまり意味ないです。実際に指紋認証をしている友人はいますが識別しない時があると聞いています。するとiPhone6sの登場でかなり改善されたのでしょうか。とても気になります。

指紋認証

<メールのプレビュー>
受信ボックスにあるメールを軽くプレスするとそれぞれのEメールをプレビューで覗いて見れます。つまりマイクロソフトのOutlookと同様に軽く触れるだけでメールを確認できる。プレビュー機能が付いたという事。わざわざコンテンツを開くことなくプレビュー確認できるのは便利です。わざわざ全てのメールを開いてチェックする手間が省けます。

メールのプレビュー

<ホーム画面からアプリで特定アクションを起こす>
例えばメッセージアイコンをプレスするだけで、新しいメッセージを始めたり、特定の相手にすばやく連絡を取ることができます。ショートカット機能が付いた事になります。素早くメール送信したい、いつも同じ人に電話する方は役立つ機能です。時間がない人にはいいかも!?

ホーム画面からアプリで特定アクションを起こす

カメラの性能がアップ


iPhone6は高額ズーム&デュアルレンズ搭載のカメラです。1,200万画像にアップされました。android端末ではすでに1,000万画像のカメラ搭載でしたが、やっと新型iPhone6sで1,000万を超えました。約4年ぶりにカメラの画素数がアップ。さらに4K動画も可能で綺麗な動画撮影ができます。サスケはあまり動画を撮影しないので4K動画が必要なのか正直微妙です。仮に撮影した場合、かなりの容量を使うので16GBはすぐに容量を超えてしまうのではないでしょうか。


動画撮影する方にはおすすめ

スポンサーリンク


iPhone6sのデメリット

iPhone6とサイズ・デザインが変わらない


正直、1年に発売されたiPhone6と比べると大きさ・デザインは変わっておりません。外見はほぼ変わらずほんの少し重たくなった感じでしょうか。機能面で性能がアップしたくらいです。するとiPhone6が少し進化。差としては毛が生えたくらいなのではとの意見もあります。


iPhone5sからiPhone6は性能・画面がアップしたので購入キッカケがある

まだ残債が残っている


まだiPhone6が登場して1年しか達っておりません。一括購入した方なら分かりますが、ほとんどの方が24回分割払いです。去年の発売日に購入して残り12ヵ月分の残債が残っています。性能がアップしたのは嬉しいですが残債が残っていると、ちょっと・・。サスケの友人は次のiPhone7が出るまで待つと言っております。


残債(ローン)があるので買えない

バッテリーの持ち時間が短い


iPhone 6sのバッテリが1725mAhの大容量と言われていますが、高機能が付いていると同時にバッテリーの持ち時間が短くなります。4K動画など撮影するとバッテリーの減り具合がとても気になります。従来の機能以上に内部ではバッテリーの消耗もあり得ます。


バッテリーの持ち時間が心配

性能ではandroidが優秀


今回、iPhone6sが進化を遂げて高性能になるのは喜ばしいのですが、まだandroidに比べると性能面では劣っています。その例としてソニーのXperia Z4はiPhone6sに比べて約1万円安いのですが性能面ではiPhoneに勝っています。費用対効果で考えるとandroidが良い!なら、なぜiPhoneを持っているのか?それは周りの友人が持っている。シンプルで使いやすい。デザインが素晴らしい。などが挙げられます。サスケ自身もandroid端末には興味あるのですが使い慣れたiPhoneを選んでしまいます。


iPhoneは費用対効果ではイマイチ

金額が高い


単にスマホが欲しいのであれば格安スマホは約25,000円で購入できます。カメラの画素数、お財布機能、ワンセグ機能など性能面で金額が異なります。しかしiPhone端末はandroid端末に比べて高いです。海外ではandroid端末のシェアが高い。日本ではiPhone端末シェアが高い。それはキャリアが機種分割代金を一部負担してくれているので我々日本人は気軽にiPhone端末を購入できます。本当に便利な世の中です。海外では機種代金はユーザーが全額負担するので一部のお金持ちしか購入できません。


新型iPhones6が機種代金が高い

スマホユーザーの方


ではメリットデメリット9つを挙げた上で買うべきなのか買わないべきなのか。おそらく貴方が持っているスマホ端末によって考えるべきではないかと思います。


<iPhone4s以前>
バッテリーの持ち時間も短いのでそろそろ限界に来ているのではないでしょうか。サイズも大きくなり性能も大幅にアップしているので買うべきです。特にバッテリー時間が大幅にアップしているので実感するのは?端末代金が高いのでネックかもしれません。


<iPhone5s/5c>
2年間の残債を終える時期だと思います。そうを考えると最新モデルの購入も検討してはいかがでしょうか。ただ性能面でiPhone6とiPhone6sを比べるとiPhone6で十分な気がします。悩む決断になりそうです。9月25日発売されるデモ機を手に触れて決断してみては?


<iPhone6>
性能も少しアップしているだけで特に必要ないと思います。一番は残債。すでに一括払いで購入された方はいいかもしれませんが、外見があまり変わっていないので特別な魅力は感じない印象です。


<android端末>
あなたが持っている端末はどのくらいの性能をお持ちでしょうか。iPhone端末は高いですがシンプルで使いやすいです。androidからiPhone端末に乗り換えた友は、バッテリー時間が違う。発熱しない。との意見を聞いております。使っている端末や使用時間によって異なるので一概には言えませんが、あくまでも参考程度に。折角なのでiPhone端末に切り替えるのもいいかもしれません。


以上です。


やはりデモ機に触れてみないと分からないと思います。単にiPhone端末が欲しいならiPhone6sでも十分です。個人的には買うのはやや消極的な意見です。1年後のiPhone7に期待したいのが本音です。


サスケの一言


個人的にはiPhone6sは様子見

スポンサーリンク


当サイトiPhone人気記事
【ドコモユーザー必見!】iPhone6sは機種変更か乗り換えすべき?

【無敵】iPhone6の強化ガラスフィルムのおすすめベスト8選

買うべきか?xperiaz5・premium・compactの違い9選まとめ

XperiaZ5は見送り?発熱対策はヒートパイプだけが全てではない事実

XperiaZ5の良さはスペックではなく便利機能9個をご存知?

【iPhone】マジうざい!スマホのネット広告を消すアプリ5選

【iPhone版】スマホのネットが重い!サクサク戻す改善方法8選

スマホが熱くなる!バッテリー故障の原因になる絶対NGな使い方7選
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top