Read Article

ガラケーとタブレットの2台持ちメリットデメリットまとめ

ガラケーとタブレットの2台持ちメリットデメリットまとめ
ガラケーとタブレットの2台持ちに興味ないだろうか。

管理人サスケはスマホを手放し、ガラケーを持っています。3ヶ月前までガラケーとタブレットの2台持ちでした。電話はガラケーとネット専用はタブレットと使い分けをしていました。運用して気付いたのですがタブレットはLINE通話できない事が判明。他にも色々と感じた事がありました。

経験上からメリットとデメリットを挙げます。

スポンサーリンク


メリット


通信費が安くなる


普及しているスマホですが定額データ通信(5G)で契約した場合、3キャリアとも月額8,640円(税込)です。スマホ1台を持つだけでもかなりの金額です。通話をガラケー。ネットをタブレット(格安SIM)に運用する事で月額の通信費が安くおさえる事ができました。ネットメインでされているユーザーには2台持ちはとても通信費コストが下げられると思います。キャリアの場合、1Gあたり1,000円。格安SIMは1Gあたり304円(IIjmioの場合)


ネット通信費(円/G)がどれだけ下げて運用が大きなポイント。

電子書籍や動画視聴は便利


スマホでは電子書籍を見るのは画面が小さいのでとても見にくいと思います。昔、無料お試しで書籍を見てましたが目が疲れるので断念しました。一方、動画試聴も小さいので見にくいです。タブレットになると大画面で試聴できるのは最大の魅力ではないでしょうか。


タブレットの大画面は魅力。

ガラケーの電池持ちは最高


スマホをお持ちの方は毎日充電されてはいないでしょうか。一方新機種のガラケーは最大3日間も持ちます。その理由としてガラケーの役割として通話とメール。スマホはLINE、通話、ネット検索やアプリをするので消費電力が違います。その為、1つの端末が2つに分散されるので電力の負担が軽くなるので、電池の持ちが長くなります。電池消費の原因はネット検索がメイン。


通話+メールだけのガラケー端末は電池の持ちがいい

調べ物をしながら通話ができる


2台持ちの最大の魅力は通話しながらネットできる事だと思います。例えばネットで各種サービスのお問合せがあった場合、どこのページにあるのか探したいもの。この料金体系はどんな仕組みなのか通話しながらオペレーターと話ができるのはとても便利です。自宅にいる場合もPCを立ちあげずタブレットがあれば問題ありません。ネットサーフィンも片手で検索できます。


会話しながらネットサーフィンできる

デメリット


2台持ちは荷物になる


タブレットとガラケーを携帯するにはが必要です。まだガラケー端末やスマホ単体の場合、ポケットに入れる事はできますがタブレットを入れるには正直無理があります。なのでトートーバックか手提げ鞄が必要。手ぶらで外出する人には不向となります。もし荷物になるのが億劫ならスマホ単体をおすすめします。


タブレットは荷物になる。

スマホに比べて依存性が低い


スマホは中毒性の高い端末機器です。スマホはポケットサイズで歩きスマホ、運転中でもスマホ、電車でもスマホと大きな社会問題になっております。一方、タブレットをしながら歩くのはちょっと難しい。やや重たいので長時間片手で持ち続けるは疲れます。スマホに比べてタブレットは依存性は低いと考えられます。サスケの経験上ですがスマホなら暇があればいじってましたが、タブレットを鞄から取り出して見るのは余程調べたい事がなければしなかったです。


タブレットは重量が重い分、依存性が低い

スポンサーリンク


充電


2台持ちという事は当然、端末機器2つを充電する事になります。しかしスマホ中毒みたいにいじる機会がすくなければ充電する回数も少なくなる。特にガラケーは通話専門として使い分けているので3日間も電池が持ちます。サスケの経験上、充電は億劫ではなかったです。あとタブレットはスマホに比べて消費電力もやや大きいので充電時間も長かったです。


タブレットをいじる機会が少なければ充電回数も減る


LINE通話できない


スマホを持っているとほとんどの方が無料通話アプリ「LINE」を持っています。必須のアプリです。通話が無料が最大の魅力ですが、タブレットは通話が一切できません。これは大きな致命的です。通話は携帯番号を教えてもらい電話するしかありません。LINEに拘る必要もないと思います。


タブレットは通話できない


ガラケーとタブレットの組み合わせパターン


プランA


●ガラケー(最低プラン)2,000円+タブレット(格安SIM)1,000円+フレッツ光4,500円
合計7,500円


<メリット>
タブレットは格安SIMで運用するので通信費を安く抑えられる。自宅PCからネット環境は快適である。通信速度は一番早い。タブレットのデータ通信単価(円/G)はキャリアに比べて安い


<デメリット>
自宅にネット回線(フレッツ光)も繋いでいるので月額の通信費は高い。タブレットはMVNO(格安SIM)なのでデータ通信は時間帯・場所によって不安定の可能性がある(動画視聴にフリーズもあり得る)。格安SIM運用のタブレットはAndroid端末(SIMフリー)で最安値25,000円購入できる。iPadが欲しい場合、SIMフリー版(iPad mini 3 16GB)は56,800円と高い。


プランB


●ガラケー(最低プラン)2,000円+タブレット(wifiモバイルルーター)4,000円+自宅PCもwifi併用0円
合計6,000円


<メリット>
タブレットや自宅PCなどネット回線はwifiで併用で使える。wifiは使い放題のプランなのでデータ通信は気にしなくてもいい。動画は見放題。通信速度はフレッツ光よりやや劣る


<デメリット>
サスケの経験上、wifiの通信状態は不安定な気がする。動画視聴にはwifiよりフレッツ光がいいかも。


プランC


●ガラケー(最低プラン)2,000円+タブレット(データプラン5G)7,000円+フレッツ光4,500円
合計13,500円


<メリット>
タブレットはキャリア契約なので通信状態は安定


<デメリット>
iPadが欲しい場合、ドコモ版(iPad mini 3 16GB)は63,000円と高い。データプラン(5G)で月額7,000円は高い。スマホのスマ放題(24時間カケホーダイ)と変わらない金額。タブレットで動画試聴ばかりし続けると制限を受ける可能性があるので自宅でwifiを繋げたほうがいい


以上です。


安く運用するなら格安SIMがおすすめですが、ドコモ回線を間借りしているのでデータ通信状態が不安定な時もあります。手持ちの事を考えたら2台持ちではなくスマホ端末も選択肢の一つだと思います。


サスケの一言


個人的には2台持ち。特にガラケーは通話専用で持つのをおすすめ

スポンサーリンク


当サイトガラケー・スマホ人気記事
スマホとガラケーの2台持ちは便利?メリットとデメリットまとめ

【格安SIMは不安】乗り換える前に知っておくべき6つの注意点

【ライフスタイル別】絶対に失敗しない格安SIM業者の選び方

【初期費用0円はあるの?】格安SIM選びの5つのポイント
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 知りたいことが詳しく書かれていて、参考にさせていただいてます。

    さて、2016/3/1時点でタブレットでライン通話が出来るようになっていますのでご連絡させていただきます。

    今後も記事を楽しみにしていますm(_ _)m

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top