Read Article

転職を繰り返す人の特徴は?本人が気付かない6つの共通点がある

転職を繰り返す人の特徴は?本人が気付かない6つの共通点がある
転職を繰り返す人の特徴をご存知だろうか。

終身雇用制度が崩壊した今、転職サイトも有り中途採用を実施している企業も多くなっています。転職が当たり前とは言いませんが、転職するのも目的が必要です。逆に転職も何回も繰り返すとマイナスのイメージを持たれます。

転職癖になりやすい人の特徴をお伝えまします。

スポンサーリンク


目指したいモノがない


転職する人で多いのが職種や仕事内容も含めて変えている人。まだ関連性があればいいのですがコロコロ変わるというので明確なビジョンが見えていません。なぜこの職種、業界を選んだのか。働く目的がないのが原因かもしれません。将来、一体何をしたいのか。それがないと長続きしません。

協調性がない


会社に入る以上、仲間や上司などチームワークを大切に働きます。個人を中心に全体が見えていないのでしょうか。組織で働く上で協調性がないと組織に馴染めず辞める傾向が高いと言われています。

単純労働の仕事を選んでいる


例えば、単純労働と言えば工場の生産ライン、飲食店のスタッフなど一定決まった仕事を指します。決して馬鹿にしている仕事ではなく単純作業は思考が停止します。長時間労働する肉体的な労働が求められるので特別なスキルを必要としません。反面、飽きが付いてくるので辞めてしまう傾向があると思います、なので将来の事を考えたら単純労働の仕事を選ばず、自分で考えて行動する仕事を選びましょう。

スポンサーリンク


給料に拘っている


給料アップを目指して転職する人が多いと聞きます。特別なスキルや経験がなければ簡単には給料は上がりません。給与はその仕事に対して会社から与えられる対価です。仕事に対して見合った給与が貰えないのか。給与に対する仕事しかできてないのか。どうしたら給与が上がるのか考えましょう。

資格取得崇拝者


就職氷河期に資格取得がブームになりました。資格さえあれば転職に有利。決して間違いではありませんが、関連性のある仕事なら別。履歴書で資格欄でPRしても全く意味がありません。資格でPRするのではなくどんな経験・スキルを身につけて何が活かせるのか。

スキルアップ


よく転職本にはスキルアップの為、転職すると書かれています。それは間違いです。今いる会社でスキルアップできなかったのかと聞きたいものです。採用担当者から逃げの言葉とと見抜かれます。スキルアップに拘る人は転職傾向に多いと言われます。


以上です。


やはり転職も目的がなければ今の会社が嫌いで逃げているだけになります。あと転職したとして100%望みが叶えれないと思ったほうがいいです。現実的には決して甘くないです。


サスケの一言


明確なビジョンがないと転職癖になりやすい

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top