Read Article

転職理由の答え方!会社の不満から目的に転換させるコツとは?

転職理由の答え方!会社の不満から目的に転換させるコツとは?
転職活動で転職理由をどう答えるか悩んでいないだろうか。

転職を希望されている方は会社に何らかの不満があるのではないでしょうか。ある意味キッカケに過ぎません。面接でどう答えたらいいのか迷っていると思います。

会社の不満からどう転職理由に変えるコツを教えます。

スポンサーリンク


不満を把握する


まず転職理由を導き出す為には、不満を把握する必要があります。当たり前ですが今の仕事に不満がなければ転職する事はありません。不満がないのに転職したいというのは「また辞めるかも」と企業から思われます。しかし、勘違いして欲しくないのは不満はキッカケである事。本当の転職したい理由が分析すると潜在的な転職理由が出てきます。


例えば、転職理由はスマホの切り替えと似ています。


ほとんどの方はスマホをお持ちだと思います。iPhoneからAndroidからに切り替える人もいるのではないでしょうか。iPhoneはワンセグ機能やお財布機能がないので不便。だからAndroidに切り替える。これも切り替えのキッカケです。つまりそういった機能が付いている事が条件で購入します。


Androidにするといつでもテレビが見えるので好きな番組がいつでも見れる。(理想の姿)
つまり不満と転職理由(切り替え)は一心同体です。


そこで不満を転職理由に述べるだけでは「原因」ですが、不満を解消させる姿を書く事で「目的」になります。分かりやすく具体例を述べます。

※サスケが広告代理店から現在の職場に転職する為に書いた「不満・解消姿の比較表」を述べます。

不満を紙に書く


●給与が低く営業職なのにインセンティブが出ない

●残業が多い

●出来の悪い先輩社員が多すぎる

●評価されない

●この会社の将来性が見えない

スポンサーリンク


解消できる・実現できる理想の姿を書く


●満足できる給与でインセンティブが出る

●残業が許容できる

●切磋琢磨できる優秀な先輩社員と働きたい

●評価される職場

●将来性のある企業

このように不満から理想となる姿を書く事でポジティブになります。転職理由は不満のキッカケに過ぎません。理想となる姿になる為に転職したいのが本当の理由です。紙に書く事で自分がなりたい転職理由が見つかるはずです。


実例を述べます。


給与が低くて不満がある・インセンティブが低い


給与は当然、高いほうがいいに決まっています。しかし気付かないのが給与に見合った仕事をしていないのか。仕事に対して給与が低いだけなのか。大概は前者の見合った仕事をしていないほうが高いです。例えば営業職で商材が数万円。不動産やダイヤモンドなど高額商材を扱っているのでは給与額も大きく変わります。

現職では満足しています。ただ単価の低い商材を扱っているので、できるなら高額商材を扱いたい。高い報酬が得られる充実した仕事に取り組みたいを思い転職を決意しました。

経営陣に対して不安


経営者の経営方針やビジョンに対して不満を持つ事はあるでしょう。

優秀な営業社員がいる環境で世の中に誇れる御社の商品・サービスを営業したいと思いました。現在の職場では叶えられそうにもないので今回の募集の機会を逃したくないと思い、応募しました。


単に不満だけでは愚痴で終わります。満たされるストーリーを書く事がポイントです。現職だけの批判だけで囚われず前を向いてこうなりたい。だから転職を決意したい事を伝える事が重要です。


以上です。


転職理由は難しく考え過ぎです。不満は誰でもあります。現在働いている職場では解消できないのかもう一度見直してはいかがでしょうか。現在働いている職場では難しい。そして不安を解消したいから転職理由が出てきます。「不満・解消姿の比較表」を書く事をオススメします。


サスケの一言


転職理由は必ず潜在的な理由が隠されている

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top