Read Article

PCメガネは視力低下防止に効果ある?目の負担を軽くする3つの方法

PCメガネは視力低下防止に効果ある?目の負担を軽くする3つの方法
あなたは視力低下で悩んでいないだろうか?

最近、長時間のPC業務が多い仕事をしている人が多くなっています。近視の進行や視力低下には目の負担がかからない事が大切です。話題のPCメガネを着ける事で負担を軽くできると聞きますが実際の効果は?

一般に目の負担をかけない方法をお伝えします。

スポンサーリンク


視力低下の原因はPCのブルーライト?


正直、ブルーライトはヒトの目で見ることができる可視光線の一つ。PCやスマホにブルーライトが多く含まれているのは事実ですが、視力とブルーライトの関係はハッキリ証明されていないらしいです。なので見過ぎると目が悪くなると言った関連性は証明されていません。


視力低下はピントの調整がズレてきた事。


しかし長時間、スマホやPCを見続けると光(視界)を受ける網膜には影響を受けるのは間違いありません。夜にブルーライトを当て続けると睡眠に影響を及ぼします。

夜中にスマホをいじると自律神経が乱れる?

正直、PCメガネの効果はどうなの?


効果があった意見


PCメガネを着用する事で目の疲れがなくなったとの意見があがっています。付ける前は目の乾きで目薬の回数が多かったとの事。



あまり効果を得られなかった意見


実際にPCメガネを着用しても効果が分からない声もあがっています。効果があがっているPCメガネをかけている事で自己満足で症状が改善しているのかも。



このようにPCメガネは賛否両論があります。ブルーライトをカットする事で眼球に負担を軽くするのは事実。目の疲れは人それぞれの感じ方。そもそもPCメガネで視力低下を防ぐ根拠としてまだ足りないと感じます。

スポンサーリンク


目の負担を軽くする方法は?


そもそも視力低下の原因である負担の原因を探る必要があると思います。約9割が日常生活であると言われています。主にこの3つで特に意識して欲しいです。

姿勢


一般的に猫背です。猫背だと肩コリや疲労が溜まりやすいのはご存知ですよね?目と対物の距離が近づいたり、文字を書くのに顔を傾けるのは視力低下に繋がります。さらには椅子との高さ。サスケは会社の椅子の高さを意識しています。それは机の高さに自身のおヘソが来る位。自然に背筋が伸びます。一方、椅子の高さが低いとPCの前で自然に前かがみになったりします。

椅子に座るときの姿勢が大事。

目の使いすぎ


子供の頃、親からゲームをし過ぎると視力が下がると言われた事はないですか。以前、視力低下はピントの調整がズレてきた事をお伝えしました。原因は長時間1点だけ見つづけると目の周りのレンズを調整している筋肉が固くなります。その為、本来ピントを調整するはずが筋肉が硬くてピントが調整できない。なので適度に目を休める必要があります。

1時間ごとに10分間休憩が理想的。

ストレス


誰にでもストレスは持っています。眼球に問題がなくても目は自律神経によってコントロールされています。ストレスが多くなると自律神経が乱れる。その影響で視力低下に繋がる可能性が大きいです。自身でストレス発散するモノを作りましょう。サスケはジョギングする事でストレスを発散しています。


以上です。


PCメガネで目の負担を軽くなるのは人それぞれ。やはり目の負担を軽くする日常生活を意識する事が大事だと思います。視力低下に悩んでいる方はまず目を休める事から始めてはいかがでしょうか。


サスケの一言


PCメガネより日常生活を改善する事で視力低下を防止

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top