Read Article

【新社会人必見!】クレジットカードを作るのに必要な知識10個

【新社会人必見!】クレジットカードを作るのに必要な知識10個
クレジットカードを作る上で知って欲しい事をご存知だろうか。

管理人サスケは社会人になって初めてクレジットカードを作りました。たまたまヤフオクで中古品のiPodを落札するのにカードが必要だったからです。それ以降、ネットショッピングでの支払いをカード決裁で利用しています。便利な機能がある分、知らないと致命傷な事もあります。

その経験から必要な知識10個をお教えします。

スポンサーリンク


クレジットカードはポイントが貯まる


支払いが現金よりクレジットカードを使う理由としてポイントが貯まる事です。近所のスーパーやドラックストアでもポイントカードを作って貯める方もいますがその店舗しか利用できません。クレジットカードの場合、利用できる店舗が全て対象になるのでポイントは貯まりやすいのが特徴です。職場でも美容院代、携帯料金、電気代の公共料金をクレジットカードで購入する後輩がいました。


実際にどのくらいポイントが貯まるのか。


<リクルートカードの場合>
年会費は無料
ポイント還元率は1.2%
リクルートポイントが貯まる
リクルートのサービスに使える(じゃらん・Hot Pepper Beauty・Hot Pepper・ポンパレモール)


月々の会食費が5,000円×年12回=12万円
1,440円分ポイントが貯まる計算になります。他に定期代や買い物などで使用するとさらにポイントが貯まる


リクルートカードの公式サイトはこちら

利用特典がある


エポスカードは「マルイ」で年4回10%割引で買い物ができるキャンペーンがあります。1割引がかなり大きい買い物だと思います。割引対象も正直まちまちだったりするので定期的にクレジットカード会社のHPをチェックする事をオススメします。あくまでもオマケ感覚で考えてもらえると嬉しいです。


エポスカードのお得な特典


エポスカードの公式サイトはこちら

ネット通販で買い物が楽になる


支払いが銀行振込の場合、近くのATMに振り込むのは正直手間だと思います。一方、クレジットカード決裁はネット環境があれば24時間いつでも支払いが可能です。本当に便利だと思いますが現金を支払った感覚がないのでカード支払いには注意が必要です。友人の体験談ですが、彼女は買い物好きで月額10万円もクレジットカード決裁したらしいです。目に見えない支払いは正直怖いです。


買い物は楽だが支払い感覚麻痺には注意しましょう。

カードの利用実績が蓄積される


クレジットカードの利用実績が増えると社会的な信用が得れます。将来、住宅を購入する場合はカード利用実績があるかどうかでも信用度が違います。確かな記憶では現金支払いよりカード支払いは社会的に信用を得れると高校の授業で習いました。中には現金主義の人でも信用を得るためにカードを作る人もいるらしい。

カードの利用に手数料が取られる


カードを発行するには基本は無料です。ただし中には年会費が一部有料のカードもあるので注意が必要です。過去に更新で年間費1万円がかかる事を忘れた事があります。使わないカードを持っていたので正直損した気分です。なので申し込みの際には年会費がかかるのかどうかチェックしましょう。


新社会人の方は年会費無料のクレジットカードで十分だと思います。

スポンサーリンク


クレジットカードの利用明細をチェック


クレジットカードは便利なツールではありますが、現金を見ない為いくら利用したのが分からない事があります。必ずクレジットカードを利用した場合は利用明細書を確認しましょう。知らずに無駄な出費を確認できるメリットも有りますが、一番は悪意のある第三者があなたのクレジットカードを悪用している可能性があります。なのでこの明細は自身が利用したのか把握する必要がある。


利用明細書は毎月必ずチェックしましょう。

カードは他人に貸さない


まさかと思いますが他人にクレジットカードは貸した事はないと思います。本来は自身の名義なので自分しか利用できない契約になっています。万が一、貸した時に発生した損害は補償されない!例えば、兄弟に貸してしまい悪用されても補償がなく自腹を切る事になります。家族だろうがカードは自身で守って下さい。


家族であろうが他人に貸すのは絶対NG

リボ払いの意味を知っておく



●分割払いの場合
商品を購入し何回払いにするのか指定する
支払いは分割金額+手数料


<メリット>
買い物の衝動買いが抑えられる


<デメリット>
同じ月にいくつかの商品を購入した場合、支払いは上乗せされる



●リボ払い
購入した商品の支払いを毎月ほぼ一定の額にする
同じ月にいくつかの商品を購入しても


<メリット>
購入した商品ごとに支払額が決まっている
※累積残高に対する手数料を加えて、次回の支払額を算出


<デメリット>
自分の支払いがいつ終了するのかを把握するのが難しい
※最悪な場合、利子だけ支払い元本があまり減らないケースもある


初心者にはリボ払いを利用しない

支払い遅延は信用をなくす


クレジットカードで支払うという事は各クレジットカード会社から情報が共有されています。もし支払いが遅れてしまうとお金にルーズであるとレッテルを貼られます。遅延が数ヶ月以上過ぎるとブラックリストに載ります。将来、住宅を購入する際に銀行からローンを借りれないリスクも追いますので注意が必要です。


支払いが遅れてローンが組めない場合がある

裏面にサインをする


ご存知だと思いますが、カードの裏面には署名欄があります。きちんと署名する事で盗難保険が不正利用からあなたを守ってくれます。ない場合は盗難保険対象外になります。なのでカードが到着したらかならずあなたのサインを書きましょう。


以上です。


サスケが20歳でクレジットカードを持って得た経験談になります。一歩間違った使い方をすれば破産の道に進みます。扱い方をしっかり把握しておけば問題ありません。あまりクレジットカードで買い物をする習慣がないのが一番かもかもしれません。


サスケの一言


クレジットカードの扱い方を知っておく

スポンサーリンク


当サイトマネー人気記事
【社会人一年目】貯金いくらすべき?無理なく貯金できる方法

【感謝】初任給で上げるべき両親に贈る定番のプレゼントとは?

【初任給の使い道】新入社員に気をつけてほしいお金の使い方
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top