Read Article

【新社会人必見】貯金を増やす貯蓄型保険のメリットデメリット

【新社会人必見】貯金を増やす貯蓄型保険のメリットデメリット
貯金を増やしたいと思っていないだろうか。

一番に考えるのは金利。貯金しても微々たるものしか付きません。普通預金で0.02%、定期預金で0.025%です。(※2015年9月時点)仮に100万円を1年間預けても250円しか増えない。土日にATMで現金を引き下ろす手数料が高い!かと言って株式やFX、外貨預金など投資はありますが下手すると元本割れする可能性があるのでしたくない。そう考えるのは自然だと思います。

そんな方に貯蓄型保険というモノをオススメします。新社会人に管理人サスケがわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク


貯蓄型保険って何?









サスケ



一言で言えば、生命保険でありながら貯蓄ができる保険だよ。










新社会人



保険で貯金?全く意味が分からないですよー。(保険には興味ないんです。貯金を増やしたいんですけど・・。)保険って毎月決まった額を支払う事で、保障を受け取れるんですよね?なぜ貯金?










サスケ



保険の中でも保険料を積み立て保障が加わる。満期(例えば15年契約)を迎えて解約するとお金を受け取れる商品がある。これが貯蓄型保険。










新社会人



へぇ~そんな旨い話あるんですか?怪しい?投資の商品じゃないんですか?










サスケ



投資ではないよ。仕組みは保険会社が預かったお金(保険料)でお金を増やす運用をしているんだ。その為、銀行の定期預金より戻り率が高い。










新社会人



し、知らなかった。凄い!(でもちょっと不安だな。)





貯蓄型保険のメリット


支払った保険料以上のお金が戻ってくる


例えば、ゆうちょ銀行に定期預金で15年間預けたとします。金利は0.035%です。ちなみ大手3社メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)の
金利は0.025%です(※2015年9月8日時点)。


毎月10,000円を15年間積み立てた場合、180万円になる。


<ゆうちょ銀行の場合>
10,000円×12ヶ月分×15年間+(10,000円×年金利0.035%×80%×15年)
→420円増える


※利子所得は一律20%
毎月10,000円を15年間積み立てても超低金利なので420円しか増えない。悲しすぎる。



<日本生命の場合>※ニッセイ財形貯蓄
10,000円×12ヶ月分×15年間×15年×戻り率約104%
→約58,170円増える(税引き後)

ニッセイ財形貯蓄

15年後に57,750円の違い








サスケ



このように銀行は微々たる金利しか付かないが、貯蓄型保険の場合、同じ期間預けてもこんな差が生じてします。凄くないか?










新社会人



本当ですね。預ける先を変えるだけでこんな違うとは(驚き!)






定期預金より戻り率が高い

死亡保障と貯蓄がセットである


当然、保険です。貯蓄型保険の一つである終身保険に加入すると解約返戻金が貯まります。先程、ご説明した支払った料より多くもらえる。支払い終わった後も保障が続く。まさに1つの契約で済ませるのはとても嬉しい。そう考えると死亡保険単体で加入するのは実に勿体無い事が分かる。


貯蓄と保険がセットになるのは嬉しい。

スポンサーリンク


貯金が苦手な方でも始められる


貯金ができない方は自動的に天引きされる貯蓄型保険をオススメします。毎月決まった額を決められず余った金額を貯金する。なら先に給料から天引されているなた問題ありません。毎月保険料を支払うので途中、お金を下ろす心配もない!


貯金を下ろせない環境なので初心者には始めやすい。

貯蓄型保険のデメリット


途中解約すると大損する


保険会社は多数の顧客から保険料をお預かり、支払いに備えるためにそのお金で運用(株式、国債)しています。長期間的な運用が必要なので途中解約してしますと預けたお金より戻ってくるお金が少なくなります。万が一、突発的な支払いが必要になったり、収入がダウンする事になれば解約する可能性も出てきます。知人に貯蓄型保険を解釈した方がいます。


毎月の支払いは無理しない金額(保険料)を設定する。

毎月保険料が高い


これは死亡保険を単体で比べた場合、①掛け捨てタイプの保険プランと②終身保険(貯蓄型保険)では後者の方が毎月の支払い金額が高いです。でも毎月の積み立て(貯金)する感覚で見れば高い金額とは思えません。保険料として考えるのではなく毎月、貯金していると認識すれば問題ありません。


死亡保障500万円の場合・・・


<掛け捨てタイプの保険プラン>
月額1,500円


<終身保険(貯蓄型保険)>
月額13,000円








サスケ



単純に金額でみると終身保険(貯蓄型保険)が高い。掛け捨てタイプの場合、別途貯金が必要だね。










新社会人



だったら終身保険(貯蓄型保険)を選んだほうがいいのでは?






以上です。


注意点として満期まで毎月決まった額(保険料)を支払わなければなりません。途中解約すると逆にマイナスになる事もある。まずは月額10,000円から始めてはいかがでしょうか。


サスケの一言


貯蓄型保険はオススメ!

スポンサーリンク


当サイトマネー人気記事
独身20代に貯金は必要ない?貯金するメリットデメリット9選

【社会人一年目】貯金いくらすべき?無理なく貯金できる方法

【必ず達成できる】私が1年間で貯金100万円貯めれた12の方法
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top