Read Article

【実家VS一人暮らし】実家にお金をいくら入れるべき?相場は?

【実家VS一人暮らし】実家にお金をいくら入れるべき?相場は?
実家にいくらお金を入れるべきか悩んだ事はないだろうか。

管理人サスケは20歳で社会人になりました。寮暮らしであった事もあり初任給を貰った時は実家に3万円入れました。新社会人になれば育ててくれた親に感謝の気持ちとして家にお金を入れたいところです。給与のどのくらいを入れるべきか。

どのくらいが相場なのでしょうか?

スポンサーリンク


初給料をいくら手渡すのか判断に迷うと思います。しかし人によっては必要性を全く感じない人もいます。管理人サスケの友人はひとり暮らしですが、一度も実家にお金を入れた事がないらしい。価値観の違いなので正直何とも言えませんが。個人的には感謝の気持ちを込めて無理しない形で入れて欲しいと思います。

しかしポイントになるのは、実家にお金を入れる金額は給与の額や実家暮らしか一人暮らしによって大きく異なります。


ひとり暮らしの場合


結論からすると無理して実家にお金を入れる必要がないと思います。

理由として首都圏における新社会人の約6割がひとり暮らしだと言われています。まず大卒の初任給は約20万円前後です。(※平成26年賃金構造基本統計調査結果)。税金や社会保険を引かれると手取りで約16万円。そこから家賃6万円などの食費2万円を引くと残り8万円という数字になります。額で考えれば少ないですね。


残った金額から奨学金、交際費、携帯代。他にも色々考えると・・・
自分の使える金額は少なくなります。現実的に財布事情からすると仕送りする余裕はないのではないでしょうか。さらに切り詰めれば可能だと思いますが無理する必要がない。


どうしてもと言うのであれば、母の日などのイベントでプレゼントしてはどうでしょうか。以前、サスケもお金がない時代は仕送りもストップ。母の日には花と手描きのメッセージカードを付けて送りました。父親に聞いたところ涙を流して喜んでいたらしい。

実家暮らしの場合


給与額にもよりますが給与額の1/3はどうでしょうか。

その根拠としてひとり暮らしする上で家賃額は月収の1/3が目安と言われています。他にも電気代の光熱費など食費もかかります。一方、実家暮らしはどうでしょうか。親が炊事、洗濯など生活面をひと通りしてくれるのでそのぐらいの金額は出して欲しいというのがサスケの意見です。


すると先程申し上げた手取り額16万円の場合、約5万円。5万円は高すぎる意見もあると思いますがあくまでもMAXの金額です。

スポンサーリンク


とある記事を見つけました。


不動産情報サイトを手がけるオウチーノ(本社・東京)が、実家で暮らしている20代の社会人332人に対し、「実家に生活費を月額いくら入れていますか?」と聞いたところ、最多は「0 円」(26.8%)だった。次いで「3 万円」が 18.4%、「2 万円」が 16%、「5 万円」が 13.6%、「1 万円」が 9.3%、「4 万円」が6.3%となっている(2013年5月21日公表)。



相場は約2万円~3万円。このあたりが妥当な金額でしょうか。


以上です。


特に決まった相場はないと思います。気持ちの問題。上記だけ見ると一人暮らしじゃなく実家暮らしでお金を入れたらいいのでは?という声もありますが、首都圏で働きたい新卒は、実家で仕事がないから仕方なく働いている人もいます。現にサスケもそうでした。実家が山口県。田舎は仕事がないので上京しました。田舎から家を出たい気持ちもありました。

本題に戻りますが、それ以外に「自由」を手に入れる為にひとり暮らしを選んだ子もいるでしょう。若い時しか挑戦できない事も多いので好きにやらせてあげましょう。


好きにできるのは両親のおかげ。感謝の気持ちは忘れずに!


サスケの一言


相場は関係なく無理しない金額でお金を入れては?

スポンサーリンク


当サイトマネー人気記事
【新社会人必見】貯金を増やす貯蓄型保険のメリットデメリット

【知らなきゃマズイ】賢く貯金できるおすすめのネット銀行口座3選

一人暮らし20代女性が平均的な生活で貯金できる8個のルール

独身20代に貯金は必要ない?貯金するメリットデメリット9選
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top