Read Article

貯金できない人の特徴と言い訳理由ベスト10

貯金できない人の特徴と言い訳理由ベスト10
周りに貯金ができない人はいないだろうか。

管理人サスケが働いている先輩は毎月全額使うそうです。さらに実家暮らしの約40%は貯金ゼロ。一人暮らしの約30%は貯金ゼロだと言われています。(出典元:株式会社第一生命生命経済研究所)。本来ならば将来の事を考えたら貯金は必要です。さらに貯金ができれば貯金残高は増やしたいと思うのは自然な事でしょう。貯金できない人がいるのも事実。できない人の特徴は?

併せて貯金ができない言い訳をまとめました。

スポンサーリンク


貯金ができない人の特徴


貯金する目標金額を決めていない


そもそも貯金額を決めていないのできるはずがありません。目標があって行動計画があります。結婚は3年後なのでそれまでに貯金●●万円貯めたい。だから毎月●万円貯める。といった目標設定ができます。つまり計画性がないと貯金はできません。貯金という一言でもいつまでにいくら貯めたいのか。


<解決策>
1年後の目標金額を決める。無理しない金額。

クレジットカードの支払額を把握していない


買い物するのに現金以外にクレジットカードという便利なツールがあります。例えばネットショッピングの支払いは、銀行振込の手間をく為にクレカを利用する人も多いと思います。ただし使い方を間違えると破滅の道にも進みます。現金だと財布に入っているお金が無くなったのである程度把握できますが、クレカは目に見えないお金が支払われるので把握しにくいです。特に貯金できない人は支払い金額を把握していないと思います。


<解決策>
クレジットカードを使う時は支出金額を把握する。

毎月の支払い額を把握していない


毎月あなたの振込みされる給与額(手取り額)は把握されていると思います。しかし毎月、いくらの支払額が発生しているのか把握していますか。一人暮らしの場合、家賃、電気代などの光熱費、携帯代など。収入額と支出額が全く同じでは当然、貯金はできません。なので支払い額についてルーズな方は貯金できないと思います。それを把握する為には家計簿を付ける事をおすすめします。


<解決策>
アプリの家計簿を付ける。

【新社会人必見!】クレジットカードを作るのに必要な知識10個

【android版】必ず目標達成する貯金アプリおすすめ6選

【iPhone版】必ず目標達成する貯金アプリおすすめ6選

残ったら貯金する思考を持っている


これが一番貯金ができない徹底的な思考です。貯金できている人は先取りで実施しています。先取りする具体例として「積立貯金」です。給与が振り込まれたらまずは貯金。残ったら貯金する思考では浪費する癖が残るので全くできません。まず貯金する事を先決。残った金額で支出額を決めます。=残りの金額で家計管理する。


<解決策>
強制的に積立貯金する。

借金の額を把握していない


貯金をしていない先輩は借金はしておりませんが、貯金できない人は浪費癖が多い事から借金をしている可能性が高いです。物欲も高く、ついつい借金をしている傾向も高い。自分がいくらの金額を借金しているのか把握する事から始まります。毎月の返済額を把握していつ弁済になるのか。それを把握していないといつまでの貯金はできないです。


<解決策>
いつ借金返済するのか把握する。

衝動買いをする


欲しいものがあったら衝動買いする人は貯金はできません。物欲に負けてしまい支払額が増えてしまいます。毎月使える金額も把握せず購入する事は、同時に貯金もできない事にも繋がります。これが酷い人は借金するパターンに陥ります。衝動買いは止めて我慢する事も大事。


<解決策>
衝動買いを止めて我慢する。

リボ払いと分割払いの違いを知らない


クレジットカードで買い物した場合、リボ払いと分割払いの2種類があります。クレジットカードを持っていても違いを全く把握されていない方も多いと聞きます。メリット・デメリットの両方を持っています。


リボ払い
支払残高(クレジット会社に返済する金額)に応じて、月々額(決められた額)をクレジット会社に支払う方法。

<メリット>
月々の支払いを一定にできるので、家計が管理しやすい

<デメリット>
無計画に利用すると利子を含めた支払い残高が増える



分割払い
支払い回数を設定できる。(支払総額をご指定の回数で毎月均等に分割)2回までなら手数料が無料。

<メリット>
支払回数が明確。完済のメドが分かる

<デメリット>
出費が重なると支払い額が増える


できればクレジットより現金主義をオススメ。難しい場合は分割払い。

ATMでお金を引き下ろしている


現金の引き下ろしはATMでされていますか。給与口座銀行も同じですが、引き下ろす度に数百円という手数料が引かれています。例えば、毎週1回お金を引き下ろした場合、年48回になります。手数料108円×48回=5,184円になります。年間約5,000円が手数料で消えていくのは正直悲しくないでしょうか。手数料も正直無駄です。


ネットバンク銀行を使えば、コンビニATMの手数料が無料で使えます。給与口座を住信SBIネット銀行にしなくても中継(ハブ)としても使えます。詳しくは下記の記事をご覧ください。


【知らなきゃマズイ】賢く貯金できるおすすめのネット銀行口座3選


<解決策>
ネットバンク銀行を口座開設。利用する

部屋が汚い・散らかっている


貯金ができない傾向として部屋が汚い人が多いと言われています。部屋が汚く、洗濯物も畳まない。水回りが汚いというのは散らかり放題。散財グセがあるからです。要は整理整頓ができない人はお金の管理もできない。だから貯金もできないって事です。まず貯金を始める前に部屋の掃除から始める事をオススメします。


<解決策>
まず部屋を掃除。整理整頓から始める。

自炊しない


自炊しないという事は外食している事に繋がります。お昼のランチはどうされてますか。サスケは営業職でお弁当を持参してオフィスで食べるのが難しいので外食が多いですが、外食は500円までと決めています。一方、貯金できない先輩はランチ代1,000円です。平日で考えた場合、1,000円×20日間=20,000円の食費が毎月かかります。食費は抑えたいとこです。自炊と言ってもご飯を炊いてスーパーでお惣菜を買うだけでも違います。せめて土日は自炊しましょう。


<解決策>
平日のランチは500円までと決める。土日は自炊。

スポンサーリンク


貯金できない言い訳ベスト10


低収入の言い訳にしている


給料が安いから貯金できない人はおそらく給与がアップしても貯金できないと思います。なぜなら税金が上がった。まだ給与が少ないと理由を見つけます。給与が少ないなら少ない中で、支出をどこまで減らす事ができるのか考える事から始められます。通信代で考えるとキャリアのスマホではなく格安SIMに切り替えるだけで出費は減ります。さらに外食の回数を減らして自炊を多くすればさらに減ります。


<解決策>
まず支出を減らす事から始まる


格安SIMカードの乗り換えはお得?メリットとデメリットまとめ

【格安SIMは不安】乗り換える前に知っておくべき6つの注意点

身につかない自己投資


最近、将来が不安という理由で資格取得する後輩がいます。今後、役立つ資格として「宅地建物取引主任者」を勉強しています。ユーキャンの通信講座に申し込んでます。不動産業界に転職するのではなくスキルアップの為に勉強しているとの事。転職する予定もなく資格習得して満足する人が多いです。サスケがいる業界は広告です。資格習得しても結果的には給与にも反映されない。勉強する暇があれば1件でも契約取ってこい!と言いたいくらいです。ここでは自己投資ではなく、自己満足の浪費です。


<解決策>
自己投資は将来、自身の財産としてアップするもの。浪費は無駄なお金。その違いを把握する。

貯金を簡単だと思っている


貯金は継続的に続ける事でお金を貯める事ができます。正直、貯金と一言で言っても簡単に貯めれるものではありません。しっかり計画を立てて行動する事が大事です。まず貯金専用口座を作る事。そして「積立貯金」へと行動する事から始まります。


<解決策>
貯金専用口座を作る事。


「お金がない」が口癖


「お金がない」と言う人にはお金が貯まるはずがありません。おそらく無駄な出費がある事を気づいていないんだろうと思います。捨てるゴミが多い方は逆に無駄なモノも多い証拠です。お金がないというのは支出が多い。なら支出を見直しする必要があります。


<解決策>
支出の内訳を見直す

現在の事しか考えられない


貯金できない人の傾向として現在の事しか考えられていない。将来の事は二の次としか考えていないという事です。例えば、目の前に1万円があります。1年我慢(貯金)すれば10万円になります。あなたはどちらを選びますか?サスケは当然、1年待ちます。10万円になるのは極端ですが目先を取るのか将来を取るのか違いです。


<解決策>
目先より将来の事を考える

「仕方ない」と状況に不満を持っている


現在、働いている給与に満足している人は全体の何パーセントでしょうか。業種や働き方や仕事によってもらえる給与額も違います。決して全員が満足した給与を受け取っているとは限りません。もっと給与額が多いと思っています。不満に対してどうやって節約して貯金するのか。


<解決策>
「仕方ない」のネガティブ発言をしない

急な出費が増えてしまった


家電製品や急な出費が重なり貯金ができないと言う方がいます。それは毎月ですか?違いますね。もし毎月も続くのであれば毎月の生活費に問題があると思います。結局、生活費の内訳を把握して見直す必要があります。急な出費ではなく無駄遣いだと思います。


<解決策>
生活費の内訳を把握する。

実家にお金を入れている


一人暮らしで実家に仕送りをしているなら減額する必要があります。浮いたお金で将来の事も考えて貯金に回しましょう。さらに実家暮らしの場合、実家にお金をいくら入れているのでしょうか。スーモジャーナルのデータによると約3万7,417円だと言われています。もし一人暮らしをしたら家賃、光熱費など計算したら月10万円は必要です。親のすねをかじっていないでしょうか。甘えている証拠だと思います。


<解決策>
実家暮らしは貯金できる。甘えない事。

自分へのご褒美


仕事は大変です。世の中楽な仕事はありません。毎月の給与、年2回のボーナスをもらえる事でモチベーションはあがりますね。貰った給与をすぐに「自分へのご褒美」としてモノを買ったりしていませんか。大した事をしてないのに自分に対してのご褒美グセは良くありません。使って消えるモノは浪費です。


<解決策>
自分へのご褒美は止めて貯金

趣味にお金がかかる


よく分からないんですけど、趣味にお金がかかるから出来ないというトンチンカンな人がいます。趣味もお金がかかるのも分かりますが毎月の決められた金額内で使うのは当たり前。


<解決策>
趣味にお金をかけるほど重要?


以上です。


貯金ができない人の言い訳は正直、自分に甘えています。お金をもっと管理できないと同時に仕事も管理できない。=できない。と繋がるのではないでしょうか。できないと諦めるのではなく、どうしたら貯金できるのか考えるべきです。解決策も書いたのでできない方はすぐに実行すべきです。


サスケの一言


貯金ができないのは己の弱さ

スポンサーリンク


当サイトマネー人気記事
一人暮らし20代女性が平均的な生活で貯金できる8個のルール

【社会人一年目】貯金いくらすべき?無理なく貯金できる方法

【必ず達成できる】私が1年間で貯金100万円貯めれた12の方法
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top