Read Article

マイナンバー制度とは?わかりやすくメリット・デメリット9選

マイナンバー制度とは?わかりやすくメリット・デメリット9選
2016年1月にマイナンバー制度が運用されるのご存知だろうか。

今年10月から各自治体から住民票をある個人に通知カードが届けられます。国民総背番号制とも呼ばれてますが一体どんなものなのでしょうか。ネット上では国民一人一人に番号が与えられて自由が効かなくなるので怖い声も挙がっています。

今回、管理人サスケが分かりやすくマイナンバー制度のメリット・デメリットをお伝えします。

スポンサーリンク


マイナンバーって何?








サスケ



マイナンバー制度は、日本に住む人全員に1つずつ割り振られる生涯変わらない12桁の「個人情報」の番号を持つ制度なんだ。住民票を持つ外国人にも10月から通知カードが届けられる。










新社会人



なるほど!日本在住者(住民票を持つ人)に与えれる自分専用の番号なんですね。通知カードって何ですか?










サスケ



通知カードは各自治体が国民1人1人に専用番号を通知(お知らせ)する事。簡易書留を送られてくるんだよ。紙製だけどね。2016年1月には各自治体でマイナンバーの記載された「個人番号カード」と呼ばれる顔写真付き、ICカードを発行もできる。










新社会人



個人番号カードが身分証明書変わりになるんですね。運転免許証を持っていなくて身分証明書になるのはありがたいですね。





住民基本台帳カードとマイナンバーとどう違う?








新社会人



でも、ちょっと待って!サスケさん。住民基本台帳カードとマイナンバーとはどう違うんですか?わざわざマイナンバー制度はなくても現在ある住民基本台帳カードでいいのでは?










サスケ



いい質問だね。住基ネットの情報は氏名、生年月日、性別、住所だけの情報。自治体の判断で不参加もできた。しかし利用範囲は事務。官庁だけで民間利用は禁止。一方、マイナンバー制度は税務、戸籍、年金、生活保護、銀行口座の連携(今後の予定)、パスポート、医療分野、証券など様々な分野まで範囲が広いんだ。民間機関でも利用ができる。


























 住基ネットマイナンバー
管轄総務省内閣官房
自治体参加任意全自治体参加
情報氏名、生年月日、性別、住所税務、社会保障、銀行預金口座との連動、戸籍、パスポート、自動車登録、医療分野など
民間利用









新社会人



マイナンバー制度は全自治体で実施。住民基本台帳カードは民間利用できなかったんですね。知らなかった。すると住民基本台帳カードを持っていた方はマイナンバーに移行するんですか?










サスケ



そうだね。住民基本台帳カードの後継がマイナンバーと言ってもいいね。





マイナンバーのポイントは?








新社会人



マイナンバーと住基ネットの違いは分かりました。そもそもマイナンバーを導入した目的は何ですか?何か具体的な理由があるんですか?何か変わるんでしょうか?










サスケ



いい質問だね。大きなポイントは3つだよ!






<マイナンバー制度>
●行政運営の効率化

●公正な給付と負担の確保

●国民の負担軽減と利便性向上



行政運営の効率化
役所、健康保険組合、厚生労働省、税務署で管理している情報がマイナンバーにより紐づけされているから効率的に管理しやすくなります。つまり各機関が管理しているそれぞれの情報をマイナンバーで管理・照会できるようになる。


公正な給付と負担の確保
最近、多いのは生活保護の不正受給。本当は必要な人に支給しなければならないのに不正に受給している人を取り締まり公正に給付する目的があります。マイナンバーで管理しやすくなる。


国民の負担軽減と利便性向上
これは役場に申請や届けを出す場合、役所に書類を提出。さらに別の書類を提出など無駄を無くす。国民にとって利便性が良くなる

スポンサーリンク


マイナンバーが管理する情報は?








サスケ



マイナンバー制度が運用されて管理する情報は主にこちら。今後も民間利用にも使われる。





●住所、名前、生命年月日
●健康保険、雇用保険の給付状況
●児童手当、生活保護の実施状況
●税務署に報告した給料や納税状況


<今後の予定>
●年金の給付状況
●預金口座
●メタボ献身のなど予防接種の履歴







新社会人



ちょ、ちょ、ちょ、ちょと待って、ちょ止まって、サスケさん!なんで預金口座まで管理されるんですか?政府が個人の預金口座(預金額)まで管理されるんですか?明らかに個人情報に介入し過ぎなのでは?










サスケ



そう、俺もそこが気になるトコ。政府の説明では社会保障財政が厳しい。理由としては約31兆円で税収の32.7%も占めている。社会保障給付をしているだが、資産を持っている人には給付を我慢。少し保険料を負担してもらう対策を考えている。不正受給を防ぐ為のチェック。らしい。










新社会人



自分の預金額が政府に管理されているのは怖いなー。










サスケ



君の場合、貯金してないでしょ?










新社会人



毎月、貯金してますよヽ(`Д´)ノプンプン・・・(全財産5万円だけど)




当サイト貯金人気記事
【新社会人必見】貯金を増やす貯蓄型保険のメリットデメリット

【知らなきゃマズイ】賢く貯金できるおすすめのネット銀行口座3選

【iPhone版】必ず目標達成する貯金アプリおすすめ6選

【必ず達成できる】私が1年間で貯金100万円貯めれた12の方法

独身20代に貯金は必要ない?貯金するメリットデメリット9選

マイナンバーのメリット

行政での書類提出が手間がなくなる


例えば、新宿区から大阪市に引っ越しする場合に新宿区役所で転出届を記入、数日後に大阪市で転入届を提出することになります。手間ですよね。管理人サスケも東京から新潟に仕事で引っ越した際に役場が遠くて半日潰れた事がありました。転出する新しい役所にマイナンバーを提示するだけで時間が短縮、申請・申告に必要な添付書類の省略ができます。


行政の事務作業が軽減


先程、引っ越しの例で挙げましたが大阪市は新宿区に情報の照合や転記作業などが必要になります。マイナンバーの導入で無駄な時間が省けるので事務作業が軽減されますね。細かい事務作業も大幅にカットできます。


公正に給付、公平に負担


マイナンバー精度の導入で税務、収入、家族構成などが把握できます。それにより公正に支給され公平に納税される仕組みになります。業界用語によりますが、クロヨン(9:6:4)をご存知でしょうか。所得の大きさを10とした場合、税務署が把握している分はサラリーマンは9割、自営業は6割、農業などの事業者は4割です。当然、所得が少ないと申請すると納税も少なくなります。この事から公正に納税させる為にもマイナンバー制度が必要だと思います。

マイナンバーのデメリット

初期費用に莫大な費用


マイナンバー制度を導入するのに約2,900億円の費用がかかります。しかも年間維持費で約300億円。サーバー代やメンテンナス費用、ウィルス対策費用も含まれます。これだけの費用をかけてまでメリットがあるのかとの声も挙がっています。この採算が合うのかは実際に導入してみないと分かりません。


情報の漏洩


役所ではマイナンバーの情報は一元管理ではなく、分散管理しています。共有データベースが1箇所にあるのではなく年金事務所が税務署のデータが欲しい場合は暗号化しているので漏れないとの事を政府が発表しています。

例えるなら、

<一元管理>
会社で各部署のパソコンで共有サーバーにあるファイルからデータを見る


<分散管理>
とある情報を得る為に部署へ連絡して暗号化されたデータを受領し見る


公務員の内部犯行化


管轄する官庁事務所がマイナンバーから個人情報を見る事はできます。その情報を民間の情報屋に流す事も可能性がゼロではありません。罰則規定など個人情報の漏洩がとても気になります。公務員に限らず民間でもそうですが個人情報を扱う者がしっかりとした体制で管理しなければなりません。


企業での管理体制


マイナンバー導入に伴い、税理士が各所でセミナーを実施しています。導入後、行政から安全管理措置、情報の漏洩がされない体制が必要と指導が入るはずです。会社でも給与支払い報告書などに記載が必要なので情報管理マニュアルが必要になります。就職する企業がしっかり個人情報を管理しているのか心配。中には情報の管理体制を整備するだけでも経営を圧迫する中小企業もいます。


個人番号カードを落とした危険性


もし身分証明書変わりとして「個人番号カード」を落としてしまった場合、悪用されるかもしれません。番号だけでは悪用されないと言われてますが、個人番号カードは悪用されてしまう可能性があります。例えば、窓口と番号で本人確認が必要。年格好、髪型が似てる、3年前の写真は太っていたんですよ。と言えば通じてします。もっと照合させる為に指紋認証とかさらにセキュリティが必要かもしれないですね。

もし漏洩した時の補償は?


公務員の人員カットはされるの?


マイナンバー制度の目的の一つとして行政運営の効率化があります。事務作業負担やあらゆる分野で軽減されるなら公務員の削減はされるのでしょうか。削減されて浮いたお金を社会福祉に還元するなど策は欲しいと思います。利便性や効率化が主な目的だと思いますが、まずは施行してその後に期待したいと思います。


以上です。


マイナンバー制度もメリットがありますが、個人情報なので管理体制が気になります。漏洩しない為にどのような体制で管理していくのかもっと国民に説明して欲しいと感じました。


サスケの一言


個人情報の管理体制についてもっと説明が欲しい

スポンサーリンク


当サイト社会・政治人気記事
【年末調整まで間に合わない】マイナンバーが届かない!いつ届く?

【衝撃】マイナンバーのデメリットの裏で某企業がボロ儲けする事実

副業は辞めるべきか?マイナンバー制度で会社にバレるのは本当?

【重要】マイナンバー受け取り拒否は大きなデメリット9個をご存知?

【脱税防止できる?】マイナンバー制度の賛成・反対意見のまとめ

【そこが知りたい】マイナンバーカードは必要か?疑問点まとめ12個

【ヤバイ!】マイナンバーで学歴・職歴詐称が会社にバレるの本当?
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top